当研究室について

中尾研の特色

 中尾・長藤・上田・山本 研究室は「ものづくり」の研究室です.取り組んでいるテーマは数多く,系統はそれぞれ異なりますが,どれも製品やサービスを設計し,世に送り出すための技術や方法論の集積です.

 当研究室はその前身である畑村研の時代から,鋳造・掘削技術を代表とする生産技術の研究室としての長い歴史があり,実践的なノウハウや技術哲学を受け継いできました.今日においてもその伝統的生産技術の知恵を最先端のものづくりに幅広く生かすため,日々研究を行っています.

 自分とは違うテーマを持つ仲間と情報を共有して新たな視点から自分を見つめなおす.5人の愉快で個性的な先生たちと熱く議論を交わして刺激を得る.頻繁にセッティングされる見学会,輪講会に参加して見聞を広める.中尾研には自分の力で課題を設定し,それを解決していくことのできる学生を育てる環境が十分整えられており,一人ひとりが楽しみながら研究生活を送っています.

中尾研の1年間